アポクリファのすみっこ

Skyrim 妄想ストーリーにSSを添えてお送りいたします。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MARU』

MARU 第二話 「現実」 中編

 

 ホワイトランの高台にそびえる宮殿、「ドラゴンズリーチ」。その名は、かの隻眼の王オラフが、ドラゴンをこの宮殿で捕らえたことに由来する。
 さて、マルはといえば、勢い込んで宮殿にお邪魔したものの、本当に首長に謁見していいのかとても迷っていた。

MARU 2-9

マル「ど、どうしましょう......。私、こんな身なりで大丈夫でしょうか。追い出されたりしないかしら......」
衛兵「あー、その、お嬢さん? 我らが首長、偉大なるバルグルーフはそんなこと気にしないと思うが。それに、何やら慌てていたが、大事な用があるんだろう?」
マル「あ、そうなんです! 急がなきゃ!」

マル「初めてお目にかかります、偉大なるバルグルーフ首長。マルティーナと申します。突然訪問したこの無礼をどうぞお許しください、緊急事態なのです!」
バルグルーフ「落ち着け、まずは深呼吸をしろ.......それで、一体何があったというのだ?」
 
 マルはリバーウッドでドラゴンが目撃されたこと、そしてホワイトランの方向へ飛び去って行ったことを伝えた。
バルグルーフは報告を聞くと、隣にいたダンマーの女性に手早く、そして簡潔に指示を出した。
マルは感心せざるを得なかった。流れるような指示と、行動の速さ。これが度重なるドラゴンの襲撃に耐えてこられた理由なのだろう。

バルグルーフ「さて、マルティーナよ。お前はこのホワイトランに多大な貢献をしてくれた。まずは礼を言おう、ありがとう」
マル「いえ、そんな」
バルグルーフ「それで、お前には褒美をやりたいのだが.....何か欲しいものはあるか? なんでも用意しよう」
 マルは少し思慮した後、恐る恐る口を開いた。
マル「では、鎧などは余っていませんか......?」
バルグルーフ「鎧? 鎧ならあるが、どうして鎧が欲しいのだ? ゴールドでも、宝石でもよいのだぞ?」
 マルは同胞団に入団したいこと、英雄にあこがれていることを語った。そのために、今は鎧が必要だということも。
バルグルーフは微笑ましそうに相槌を打った。彼にもそういう時期があったのだ。

MARU 2-11

 かくしてマルは鎧を手に入れ、より一層ウキウキ心を躍らせていた。
鎧の重さも感じないくらいに、浮かれていた。

 が、その時、一人の衛兵が転がり込んできた。ドラゴンが現れたらしい。宮殿内に緊張が走った。

MARU 2-12

バルグルーフ「イリレス、残っている兵の3分の2を監視塔へ集め、ドラゴンをそちらへ誘導しろ。ホワイトランには近付けるな。そして君、ここまで走って報告してくれてありがとう。休んでくれと言いたいところだが、まずはホワイトランの住人を非難させてくれ」
 イリレスというダンマーの女性は、返事を一つすると、衛兵と共に走って行った。
バルグルーフは大きな息をし、マルのほうを見て言った。

バルグルーフ「一つ頼みがある。今ホワイトランにドラゴンボーンがいるのだが、どうか彼女を見つけ出し、監視塔へ行くよう伝えてほしい。できるか?」

マル「はい、勿論ですわ!」

 バルグルーフは「彼女」がどこにいるか大体目星がついているようだった。キナレス聖堂付近にいるらしい。
マルは首長の話を聞き終わると、すぐさま走り出した。早く彼女に伝えなければと、その一心だった。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。