アポクリファのすみっこ

Skyrim 妄想ストーリーにSSを添えてお送りいたします。
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MARU』

MARU 第一話 「ぬくもり」

マル「うぅ......寒い。疲れましたわ」

 朝露も凍るスカイリム。身を切るような冷たい風が吹き抜けていく。
太陽の恵みなど、ほんの少しも感じられない。

マル「はぁ。寒いしお金はないし、お腹も減りました」
 そう、それは今朝の出来事だった。
 昨日、やっとシロディールを抜けたマルは、もう日暮れが近いこともあり、ファルクリースで一泊することにした。
ついでに、持ってきておいた宝石やアクセサリーを換金し、借りた部屋の引き出しにしまって眠ったのだが、それがいけなかった。
不用心すぎた、と反省するも時すでに遅し。引き出しの中は綺麗さっぱりなくなっていた。
 かくしてマルは、世界の残酷さを思い知ったのである。
 
 空腹と寒さ、そして心の傷をかばいつつ、マルはホワイトランを目指し歩いていた。
ホワイトランには、マル憧れの「ジョルバスクル」がある。
同胞団入団、そして英雄になる事。それが彼女の目的だった。

 もう日は高い。正午を回ったくらいだろうか。寒さは和らいだものの、疲労と空腹は限界を迎えていた。 
マル「やっとここまで......キャッ!!

MARU1-1.jpg


マル「いたたた......。もう、無理ですわ。もう一歩も歩けません......肘も擦りむいてしまいましたわ」


MARU1-2.jpg


?「おいおい、嬢ちゃん! 大丈夫か?」
マル「はひ!? だ、大丈夫ですわ!」


MARU1-4.jpg


?「おい、肘を怪我してるじゃないか。さぁ、家に来い。手当てをしてやる」
マル「あの......」
アルヴォア「あぁ、そうだ。俺はアルヴォアってんだ。そこで鍛冶屋をやっている。
なぁに、心配するな! 俺も怪我は日常茶飯事だからな、手当てはうまい方だぞ」

マル「いえ、そうではなくて......ご迷惑ではないかと」
アルヴォア「迷惑?ハッハッハ!! 何を迷惑なことがある。困ったときはお互い様、それが俺のモットーだ」
マル「......お心遣い感謝いたします」
アルヴォア「さぁさ、そんなに畏まらなくていい。ついておいで」

-----------------------------------------------------

マル「ご馳走までしていただいきすみません」
アルヴォア「なに、こんな少女が一人旅で、さらに財布掏られたと聞けば、誰だってご馳走するものさ」
マル「でも、ベッドも拵えて頂いて......何から何まで、本当に申し訳ありません......」


MARU1-5.jpg

 ジジ、と音を立てて蝋燭が揺れた。

アルヴォア「......嬢ちゃん。この地は寒く厳しい。そして人々も、この地のように荒々しい。財布を掏られるのはマシなほうだ、残念だが。近頃は内戦のせいで追剥ぎや山賊がうじゃうじゃしている。本当に、冷たく厳しい土地だ。
 だからこそ助け合って生きていかなきゃならん、お前さんもそうだ。
頼ることを覚えなさい。頼る相手は見極めねばならんがな......」


MARU1-7.jpg


マル「......そうですね、ありがとうございます」
アルヴォア「いいぞ!その調子だ。しかし全く、ハドバルもこの子の謙虚さを見習ったらどうだ!!」
ハドバル「ご心配なく。これでも軍では謙虚で優秀だと噂されているんです」
アルヴォア「本当に謙虚な奴はこんな時間に自分の分だけ夜食を作ったりはしないぞ、ハドバル」
マル「ははは!」
アルヴォア「うむ、いい笑顔だ。嬢ちゃんにはその素直な笑顔の方が似合う」
マル「ありがとうございます!」
アルヴォア「さぁ、もう寝よう。明日の朝も早いぞ」

 拵えてもらったベッドに横になり、目をつむる。瞼越しに暖炉の優しい光が見えた。
マル「......あたたかいなぁ」
 じわり、じわりと闇が迫ってくる。今日はちっとも怖くない。
暖炉の火はまだ赤々と燃え続けていた。

-----------------------------------------------------

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!!次回もどうぞ、よろしくおねがいします。
ではでは、Drem Yol Lok!

スポンサーサイト
『MARU』

『MARU』 はじめまして!

 はじめまして、くろです。
以前までTwitterでSkyrimRPストーリー『MARU』をつらつら書いていたのですが、色々と不便が生じてきたので、この度ブログを開設することにしました!

 さて、キャラクターとあらすじ紹介に移りたいと思います。
まずは主人公マルとリュデルさん。
マルとリュデルさん

●マル (本名:Martina マルティーナ) 16歳
 シロディールの、とある街を仕切っている貴族の元に生まれる。一人っ子で、親からも街からも愛されて育った。
 しかし、両親の大きすぎる期待や愛、街の人の「お姫様」扱いに応えるため、懸命に「いいお嬢様」であろうと努力した結果、ついに嫌気がさして家出してしまう。
 どうせ家出するならと、話に聞いて以来憧れていた同胞団へ入団するため、国境を越えホワイトランへと向かった。

●リュデル (通称:レフティ) 35歳
 軟派で常に笑顔の吟遊詩人。甘いマスクと声で街の乙女たちを魅了している。
しかし、その正体は凄腕の暗殺者。マルの家を敵対視している貴族に雇われ、マルを殺すため彼女に近付く。
 ドラゴンボーンに興味があり、文献を読んでいる時やLilyと話しているときは本当に楽しそうである。

次に同胞団のシグルドさんとオーズくん。
オーズくんとシグルドさん

●シグルドさん 35歳
 同胞団メンバーの一人。「英雄になりたいです!」と熱っぽく言うマルのことをあまり良くは思っていない。マルも、皮肉屋な彼に対し良い印象は持っていないが、尊敬はしている。
 非常に優れた戦術家で、剣さばきもしなやかで美しく、頼りになる。次期同胞団の導き手になるのではという噂もちらほら......

●オーズくん 22歳
 同胞団メンバーの一人。面倒見がよく優しいので、マルから「兄貴」と慕われている。
その長身と肉体を生かしパワーアタックを敵にお見舞いする姿に、マルは惚れ惚れしてしまうらしい。

最後はLilyとおなじみセロさん!
lilyとセロさん

●Lily 年齢不詳(20前後)
 元孤児だったが、ダンマーの商家のおばあさんに拾われスカイリムへ。名前もこの時につけてもらった。謙虚で優しく、誰に対しても敬語で接する。
 ドラゴンボーン兼アークメイジで、ドラゴン問題解決に向けスカイリム中を旅している。マルとはホワイトラン近辺にドラゴンが出た際に知り合い、マル初めての友達となる。マルにとって非常な大きな存在。

●テルドリン・セロ
 モロウウィンド最強の傭兵でLilyの旦那。表にはあまり出さないが、Lilyのことをかなり愛しているらしい。
Lilyとの距離が近いリュデルを危険視しており、出会うとすぐ暴言を吐く。
 現在は傭兵ではなくLilyの旦那として、彼女と共にスカイリムを旅している。

【あらすじ】
 シロディールの貴族の元に生まれた一人の女の子、マルティーナ。両親からも街の人々からも愛され、すくすくと美しく育っていった。しかし、彼女はその愛ゆえに心を閉ざすようになる。
 父は「良い家の元へ嫁ぐことができるように」と厳しくマルに接し、評判のいい教育係を片っ端から雇った。母はマルのことを愛するあまり、あの手この手で彼女を屋敷に封じ込めた。街の人々もマルには近付かず、遠くから憧れの眼差しを送り、ひそひそと話すだけだった。そのうちマルは、「お嬢様マルティーナ」を演じることでしか愛されないのだと思い込み、空虚な日々を過ごす。
 そんなマルの唯一の楽しみは、本の中で冒険をすることだった。中でも好きだったのは英雄が活躍する冒険譚で、まるで自分が英雄になったかのような高揚感に胸が熱くなるのだった。そうして本を読み漁っているうちに、「英雄になりたい」という思いが膨れ上がっていき、16歳になった夜、街をこっそり抜け出し、憧れであったジョルバスクルを目指して出発する。
 翌朝、街は大騒ぎになり、その混乱の波は隣街まで一気に広がった。隣街の領主はこの絶好の機会を逃すまいと、すぐさま「最高の暗殺者」と名高いリュデルを雇い、彼女を殺すように命じる。
 かくしてマルの旅は始まったのである。

 始まり

......さぁ、旅の始まりです!!
シグルドさん、リュデルさん、オーズくんはスイートロールさん宅から
👉 明日は明日の風が吹く
マルの鎧はGimoraさんから👉 Berserk Mule Armor by Gimora

お借りしております。本当にありがとうございます!!

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!(*゚ェ゚*)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。